各契約形態のメリットとデメリット

不動産を不動産会社を介して売却する際、どの契約形態を選ぶかは非常に重要です。契約内容によっては買い手がなかなか見つからない可能性や、安値で買い叩かれる可能性もでてくるので、契約形態ごとの特徴をきちんと調べておくようにしましょう。

家専任媒介契約のメリットは、専任専属媒介契約と一般媒介契約の良いとこ取りが出来るという点です。
専任専属媒介契約は、一社しか契約出来ない分、買い手が見つからない可能性が高くなるのに対し、専任媒介契約なら自分で買い手を探す事が出来る分、買い手を見つけられる可能性をより高められます
さらに一般売買契約は、営業活動の報告義務が無いので、営業活動に力を入れてくれないことが多いですが、専任媒介契約なら2週間に1度の報告が義務付けられているので、安心して営業を任せられます。

専任専属媒介契約と一般媒介契約の良いとこ取りに見える専任媒介契約ですが、逆に言えば両方の悪い点を引き継いでいるとも言えます。
例えば営業報告は専任専属媒介契約よりも期限が長いので、多少力を抜いて営業活動を行う不動産会社は珍しくありません。かといって一般媒介契約のように、複数の不動産会社と契約を結べるわけではないので、自分で買い手を見つけるあてが無いと、一社の不動産会社を頼りに買い手を探す事になります。

契約形態の特徴

家不動産会社が決まり、正式に依頼することになった場合、媒介契約を結ぶ必要があります。
媒介契約は、宅地建物取引業法で義務づけられており、「専任専属媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の種類の中からひとつを選択します。
専任専属媒介契約」は仲介を不動産会社1社のみに依頼する契約であり、重複して他の不動産会社に依頼できない契約です。
自分で購入希望者を見つけてきたとしても、その会社を通して売買契約をしなくてはいけなくなります
そして、週に1回以上の状況報告の義務が存在します。

専任媒介契約」も仲介依頼を1社に限定して契約をしますが、自分で購入希望者を見つけた際には取引が認められ、状況報告の義務は2週に1回以上となります。
一般媒介契約」は複数の不動産会社と媒介契約を結べ、自分発見の購入希望者との取引も認められますが、状況報告の義務はありません
「専任専属媒介契約」「専任媒介契約」では他の会社と同時に媒介契約が不可能となり、利益の存在があるために、積極的に営業活動をしてもらえるような形態となっています。

もし、実際に納得するような活動を行ってもらえない場合は、契約の有効期間がどちらも3ヶ月以内となっていますので、不動産会社を代えることも可能となります。また、どの不動産会社においても、判断しにくいのであれば、「一般媒介契約」を複数の会社と結ぶこともひとつの良い方法となるでしょう。


■Relatedpost

各契約形態のメリットとデメリット

家を売る際のポイント

家を売るということになったら、取り掛かる前に知っておきたいポイントがいくつかあります。
家を売る際の手順は、売却する家の現在の市場価値を知り、購入者を自分で探す方法か、もしくは不動産仲介業者を選び、媒介契約を結んで広告などの媒体を利用して、購入者を探してもらう方法かどちらかを選択することがポイントとなります。
購入希望者が見つかった場合、交渉し、売買契約を結び、決済と不動産の引き渡しで完了となります。

女の子現実として、知り合いや親戚などへの売却ではない限り、自分で購入希望者を探すことは困難です。
その上、売却側が負う瑕疵担保責任などの法律や専門知識が必要となりますので、自分で売却手続きを行う場合、多くの不安要素があることを確認しておきましょう。
仲介手数料を支払ってでも、不動産会社に依頼して売却したほうが安心できますから、信用できる不動産会社選びはとても大切なこととなります。
また、印紙代や仲介手数料、抵当権が設定された場合に納める抵当権抹消登記の免許税、売却益が出た場合に納める不動産譲渡所得税など、売却する際には費用が掛かりますが、受けられる税金の控除もありますので、事前の確認が必要です。

家を少しでも高く、早く売るためのポイントとしては、不動産会社との契約方法の選択も重要です。
例えば買い手を見つける当てがあるものの、確証を得られていないなら、買い手候補と相談しつつ営業活動を行える専任媒介契約といった具合に、自分が置かれた状況に合わせた契約を行えば、よりスムーズに家を売却できるでしょう。


■参照サイト

家を売る
家を売るコツを解説している「高く家を売る研究」を参照させていただきました。