各契約形態のメリットとデメリット

不動産を不動産会社を介して売却する際、どの契約形態を選ぶかは非常に重要です。契約内容によっては買い手がなかなか見つからない可能性や、安値で買い叩かれる可能性もでてくるので、契約形態ごとの特徴をきちんと調べておくようにしましょう。

家専任媒介契約のメリットは、専任専属媒介契約と一般媒介契約の良いとこ取りが出来るという点です。
専任専属媒介契約は、一社しか契約出来ない分、買い手が見つからない可能性が高くなるのに対し、専任媒介契約なら自分で買い手を探す事が出来る分、買い手を見つけられる可能性をより高められます
さらに一般売買契約は、営業活動の報告義務が無いので、営業活動に力を入れてくれないことが多いですが、専任媒介契約なら2週間に1度の報告が義務付けられているので、安心して営業を任せられます。

専任専属媒介契約と一般媒介契約の良いとこ取りに見える専任媒介契約ですが、逆に言えば両方の悪い点を引き継いでいるとも言えます。
例えば営業報告は専任専属媒介契約よりも期限が長いので、多少力を抜いて営業活動を行う不動産会社は珍しくありません。かといって一般媒介契約のように、複数の不動産会社と契約を結べるわけではないので、自分で買い手を見つけるあてが無いと、一社の不動産会社を頼りに買い手を探す事になります。