契約形態の特徴

家不動産会社が決まり、正式に依頼することになった場合、媒介契約を結ぶ必要があります。
媒介契約は、宅地建物取引業法で義務づけられており、「専任専属媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の種類の中からひとつを選択します。
専任専属媒介契約」は仲介を不動産会社1社のみに依頼する契約であり、重複して他の不動産会社に依頼できない契約です。
自分で購入希望者を見つけてきたとしても、その会社を通して売買契約をしなくてはいけなくなります
そして、週に1回以上の状況報告の義務が存在します。

専任媒介契約」も仲介依頼を1社に限定して契約をしますが、自分で購入希望者を見つけた際には取引が認められ、状況報告の義務は2週に1回以上となります。
一般媒介契約」は複数の不動産会社と媒介契約を結べ、自分発見の購入希望者との取引も認められますが、状況報告の義務はありません
「専任専属媒介契約」「専任媒介契約」では他の会社と同時に媒介契約が不可能となり、利益の存在があるために、積極的に営業活動をしてもらえるような形態となっています。

もし、実際に納得するような活動を行ってもらえない場合は、契約の有効期間がどちらも3ヶ月以内となっていますので、不動産会社を代えることも可能となります。また、どの不動産会社においても、判断しにくいのであれば、「一般媒介契約」を複数の会社と結ぶこともひとつの良い方法となるでしょう。


■Relatedpost

各契約形態のメリットとデメリット